㉙食べ歩きの効用

・食べ歩き、グルメ旅行の効用 

 

新しい発見や感動は感受性を豊かにし、いつでも脳を若く保つことができるというのは一般的に言われていることですが、脳科学的にも正しいのです。

 

例えば、女性が大好きな食べ歩きや旅行です。実際に食べなくても、おいしいものが食べられるかもしれないと思うだけで、それを報酬と感じてシータ波が出ると言われています[1]

 

これはお腹が空いたときに出る食欲とは別のもので、報酬学習という何かを期待するだけで快感物質がでるという脳の習性によるものです。

 

食べ歩きやグルメ旅行は今までほかのお店で食べたことのないものを食べることが新鮮な体験につながり、また新たな場所へ行く事、新たな人との出会いなどの初体験のオンパレードが脳へのいい刺激となるのです。



[1]シータ脳 p192

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    tu zobacz (金曜日, 03 11月 2017 18:09)

    Mincer