㉗将来が分からないことの効用

・将来が分からないことが脳にいい影響を与える!? 

 

筋書き通りの決まりきった将来は脳をダメにするらしいのです。

 

不確定要素があると脳のドーパミンが高まることが知られています。2003年にサイエンスに発表されたシュルツ博士の実験で脳というのは不確実さ楽しむように出来ていることが示されています[2]

 

ネズミの実験で合図とエサの関係に「確率」を使ってみたのです。合図と共にエサがでるという実験で、確率が100%であればいつでもエサがでる。0%であればエサがでない。この確率を色々と変えてみた。

 

すると快感を感じさせるドーパミンニューロンの活動は50%のときに最大になる。つまりどっちつかずの確率で報酬がもらえるときにもっとも快楽を感じた。

 

スポーツやカジノ、推理小説や恋愛が面白いのも未定の要素を含んでいるからに他ならない。将来もほどほどに分からない方が脳が活性化することがここからもわかるのです。



 

[2]脳は何かと p262

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    sex telefony (水曜日, 01 11月 2017 00:19)

    niepomruczanymi

  • #2

    seks telefon (金曜日, 03 11月 2017 19:36)

    pokarać