きちんと聞くことの効果

 

話しをしている時、相手がきちんと聞いてくれていると感じると、「自分を受け入れてくれる」「伝えたいことを受け止めてくれる」という印象を受け、安心感が生まれます。

 

そのため、対話を続けようというモチベーションが維持できます。

 

一方、話しをしている時に、相手が聞いていないと感じた場合には、不快感を持ち、それ以上話す気分になれないかもしれません。

 

それは、単に話を聞かれていないだけではなく、話している自分の存在そのものを否定された印象を受けるからです。

 

きちんと話しを聞いてくれる相手との会話では、安心感があって、精神的な距離感が近いため、スムーズな会話が成り立ちます。

 

そして、自分の言いたいことを伝えることに集中できるようになります。

 

そんな中で、心の奥で考えていたこと、あいまいに感じていたこと、うっすらと考えていたことなどが、きちんと言葉として表現できるようになります。

 

それらを言語化し、言葉として相手に伝えるとき、「気付き」が得られます。

 

気づきをうながし、自発的な行動を導くには、命令や指示を与えるのではなく、よく話を聞くことが重要なのです。