Heal the World Japanは、ポジティブな心の健康増進をサポートします

心の健康とは単に心の病が無いという状態ではありません。

積極的に、生きがいを持って、活力に満ちた毎日を送れる状態が心の健康な状態です。

 

ポジティブな心の健康増進とは一部のメンタルヘルス不調者を対処療法的にケアするのではなく、元気な人を含すべての従業員のメンタルヘルスを経営資源ととらえ、職場全体の心身の健康度を向上させ、組織を活性化しようとする取り組みを言います。 世界中のポジティブ心理学の研究により、心が健康の状態とは主観的ウェルビイング、日本語では「自分が良い状態である思える状態」、平たく言えば「自分が幸福であると感じられる状態」と定義し、それはポジティブな感情がネガティブな感情を大きく上回る状態であることが定義されました。

 

当社では、ポジティブな感情や思考を学び、自分の強みといったポジティブな資質を最大限に仕事や日々の生活に活かす一連のプロセスを開発、「ポジティブ・エンジニアリング」と名づけ皆様にご提供しております。

当社の心の健康増進 3STEP

STEP1     心と頭のしくみ(ポジティブトライアングル)を詳しく知る

STEP2     しくみの中の自分の資質部分を詳しく知る(特にポジティブ部分)

STEP3     自分のポジティブ部分の活かし方を知ることで、ポジティブ感情

               を多く創出する

心の増進を行うメリット

  1.  働きがいのある職場
    員の心の健康増進を行い、社員一人一人のポジティブ感情が増え、強みを発揮できるようになることで、社員の幸福度も増すことになり、働きがいのある職場への転換が進むことになります。
  2. 生産性の向上
    欠勤による損失とは別に、会社に出勤していながら、体調が万全でないため仕事に集中できず、結果として会社に損失が出てしまう「プレゼンティズム」が問題になってきています。心の健康増進を行うことで、仕事に対する集中度を増すことができ、会社の生産性を取り戻すことができます。
  3. 人材開発・組織開発面のレベルアップ
    心の健康増進を通じて、ポジティブ心理学や脳科学の最新の知見を利用しながら、リーダーシップの養成、モチベーションの醸成、人間関係の円滑化、コミュニケーションの良化など、職場における様々な課題にも対処していくことができます。
  4. 心の病気の予防
    常日頃からの社員一人一人の健康増進を図ることで、結果としてうつ病などの心の病の一番の予防にもなります。

今までの社員研修やセミナーと何が違うか

  1. ポジティブ心理学は学問です。ハーバード大学を始め、世界各国の有名大学でも教えられ、また世界中の学者たちが理論やデータを常にアップデートしながら検証がなされています。
  2. 個別のモチベーションアップやリーダーシップに関わる自己啓発やセミナーと違い、人間の感情や思考に関する包括的な理論に基づいていますので、統一された考え方が学べます
  3. セミナー、ワークショップ、個別セッションの3種類の形で横断的に学び、実践することができます